読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴのこ堂(もうそう部)

妙齢をとっくに過ぎああもうこのままずっと一人暮らしなのねと開き直った女の日記

文学フリマ金沢にいらっしゃい

4月16日(日)第三回文学フリマ金沢に参加します

f:id:aonoshu:20170410095513j:plain

私が文学フリマに参加するのはこれが3回目。

はじめての文フリは昨年9月の大阪、そして今年1月の京都です。

はじまりは幼少期の記憶

私は以前からZINEを作りたくて作りたくてムズムズしていました。思い切って昨年、初のZINE「やかんを真ん中にかけられない。」を作ったのでした。

中身は昔書いた短編小説を2本。挿絵を描いたり自由にレイアウトしたり、両面コピーしたり、中綴じホッチキスで束ねたり、本当に本当に楽しかった。

小学生のころ、ほとんどの子どもが経験したように、広告の裏を束ねて漫画を描いていた。あのころの自由でワクワクな気持ちが再燃したというわけです。

 

そして漫画も小説もコラムもエッセイも何でもある小さなかわいい雑誌にしよう!

と思いまして「ピノコプレス」を発行したわけです。

 

作ったら売ってみたい。

これも幼少期の思い出。家の中で「お店屋さんごっこ」って、みなさん経験あるでしょう。わたしは家族あいてに「ニコニコぎんこう」や「ニコニコローン」なども経営しておりました。お客さんは主に父です。

 

とにかく来てほしい。

売れたらいいな。

立ち読みだけでも、手作り感あふれるわたしのかわいい作品たちを見てほしい。

とてもいい子たちなんですよ。やればできる子なんです。(親バカ)

 

ラインナップはこれ

  • ピノコプレス創刊号 朝カフェを楽しむためのコミックエッセイ など(150円)
  • ピノコプレス第2号 特集・一人旅を楽しむ (200円)
  • あなたがほしい ミステリー小説2本 ラストで衝撃のどんでん返しが!!(200円)
  • かわいいノート はじめてデザインを手がけたかわいいノートです。描きやすいよ。(400円)

会場はこちら

金沢駅より徒歩10分 ITビジネスプラザ武蔵5,6階

11時~16時(私たちはサンダーバードの時間があるので3時ごろ撤退します)

 

金沢は美味しいものがたくさんあるそうで、とっても楽しみです!